This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari or Forefox.

夏到来! 紫外線の影響と体を守るための効果的な対策

ビーチ画像

いよいよ夏が近づいてきましたね、、!やりたいこともいっぱいで楽しみな一方、紫外線対策が面倒で嫌な人もいるのではないでしょうか?

紫外線はご存知の通り、肌へのダメージや健康への悪影響をもたらすことで知られていますが、適切な対策を取ることでその影響は軽減することができます。

今回の記事では、夏の紫外線が体に与える影響と、効果的な紫外線対策についてご紹介します!

紫外線の影響

・シミやシワの増加…紫外線は肌の老化を促進し、シミやシワの原因となることがあります。また、紫外線はがんのリスクを増加させる可能性もあります。

・肌の老化…紫外線は肌のコラーゲンやエラスチンを破壊し、肌の弾力性を低下させることがあります。これにより、シワやたるみが生じる可能性があります。

・光アレルギー… 一部の人は紫外線によって光アレルギー反応が引き起こされ、日光にさらされた部分の皮膚にかゆみを伴う発疹や、発赤、炎症が生じることがあります。



効果的な紫外線対策

・日焼け止めの使用…SPF(Sun Protection Factor)が高い日焼け止めを使用し、肌を紫外線から守りましょう。特に顔や首、手や腕の露出部分には念入りに塗布しましょう。最近では、化粧下地としても効果的な日焼け止めが発売されており、シーンに合わせて多様な使い方ができます。

・適切な衣服の着用…暑い夏場ではありますが、長袖や長ズボン、帽子やサングラスなどを利用して、紫外線に肌が直接当たる量を減らしましょう。


・日陰の活用…お出かけの行き帰りや、仕事のお昼休憩などの際、できるだけ直射日光を避け、日陰にいることを心掛けましょう。

・移動時間帯の調整…紫外線が強い時間帯(10時から16時)はできるだけ避け、朝早くや夕方の時間帯に外出するようにしましょう。

・水分補給…適切な水分摂取を心掛けましょう。夏場は水分が失われやすく体力も削がれますが、水分補給で体の状態を保つことで体内の免疫力の低下を防ぐことができます。


・スキンケア…紫外線にさらされた後は、保湿やクールダウン効果のあるスキンケア製品を使用して適切に肌をケアしましょう。

CBDの紫外線ケアへの効果

・日焼け、シミ予防…人間に元々備わっている皮膚のバリア機能の1つに、エンド・カンナビノイド・システム(ECS) というものが関わっています。ECS は体の中だけでなく、体表面を覆っている肌にも存在していて、皮脂の分泌やターンオーバーなどそれぞれの細胞内の活動を調節していることが解明されています。CBDはこのECSに作用し、肌を健やかに保ち、バリア機能を維持する効果があることが報告されているため、紫外線による日焼けやシミを予防するのに役立ちます。

・肌に潤いを与える…CBDには、アクアポリン3を増やす効果があることがわかっています。したがって、CBDを接種することで表皮に蓄えられる水分量が増え、肌に弾力やハリ感のある肌を手に入れることができるとされています。


詳しくはこちらの記事をご覧ください! https://easecbd.jp/blogs/all/cbd%E3%81%8C%E6%8C%81%E3%81%A4%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C%EF%BC%98%E9%81%B8

まとめ

夏の紫外線から体を守るためには、適切な対策を講じることが重要です。日焼け止めの使用や適切な衣服の着用、日陰の活用などの基本的な対策を怠らず、それぞれの方法を組み合わせることで紫外線からの影響を最小限に抑え、健康な夏を過ごしましょう🎶

 

Cart

Congratulations! Your order qualified free shipping You are ¥1 JPY away from free shipping.
No more products available