This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari or Forefox.

Blog

リラックスと癒しの瞬間を創り出す CBD取り入れた毎日のルーティン

毎日の忙しい生活の中で、自分自身に向き合い、リラックスする癒しの時間を持つことがますます大事になっています。とはいえ長い時間は確保できない。 そんな私たちがリラックスする時間を実現していくためには、日々のルーティーンの中に取り入れるのが定番にして正しい方法です。 CBDはそんな瞬間を作り出すのに役立つ選択肢。この記事では、EASECBDが販売しているロールオン、キャンディ、バスアロマの3つの商品を、どのように日常のルーティンに取り入れられるかについてご紹介します。CBDをきっかけに、大切なセルフケアの時間を充実させましょう! ○外出時、電車に乗った時、オフィスについた時に 歩くだけでも汗ばみ始めるこの季節、じっとりした空気感に包まれている気がしますよね、、。汗を拭いてもなんとなく匂いがしてないか気になるし、他の人の匂いだって気になってしまうもの。 そんな時に、CBDのロールオンをさっとひと塗りすれば、軽やかでウッディな香りが包み込み、手軽なリフレッシュに繋がります。香りも強すぎず、自然に気分も上がる。そんなロールオンは、仕事中の気分転換にもピッタリで、手軽なサイズ感で持ち運べます。 ○仕事中や家事終わり、自分にちょっとご褒美をあげたい瞬間に やることを片付けた喜びはありつつ、ちょっと疲れを感じる瞬間。今までならコーヒーを飲んでもうひと頑張りしようとしたり、勢いでお菓子を食べてしまったりするそんな時に、CBDキャンディを試してみてください。 蜂蜜の優しい甘さとほんのりレモンの爽やかさを感じるハニーレモンフレーバーは、CBD特有の苦みを無くした独自のレシピのもと、おいしさを最大限に引き出しながら、リラックスしながら自分に向き合える貴重な時間を作り出してくれます。 ○自分自身を労いながら、明日に備える、そんな1日の最後に 1日の終わり、大事な時間だとわかっているけど省略しちゃいがちな入浴時間。でもその時間が楽しくなる理由が見つかれば、むしろ積極的に入浴する時間を大事にして、毎日の睡眠の質も翌日のコンディションもよくなると思うんです。 EASECBDのバスアロマは、マンダリン、ラベンダー、ヒノキの3種類をラインナップ。その日の気分、その日なりたい気分に合わせて選べば、毎日が楽しくなること間違いなしです。 今回は、CBDロールオン、キャンディ、バスアロマの3つの商品を取り上げ、日常のルーティンに取り入れる方法を紹介しました。 CBDはリラックス効果やストレス緩和、スキンケアに役立つだけでなく、心と体のバランスを整えることにも繋がります。日中少しリフレッシュしたい時間や、バスタイムなど、自分自身への癒しの時間に取り入れてみてください。  

イベントリポート 〜ブランド誕生2周年&新商品発売記念パーティ〜

  EASECBDは2023年7月にブランド創立2周年を迎え、記念パーティを開催しました。参加者には「EASECBD®キャンディ ライムミント」「EASECBD®ロールオン」をプレゼント。ゲストには、お料理瞑想家・米澤可奈子さん、アーユルヴェーダ料理家・小林静香さんをお招きしました。イベントでは、新製品「EASECBD キャンディ ライムミント」の発表を行い、お好みのアロマ・ドライハーブで作るオリジナルCBDバスソルトワークショップ、ゲストによる瞑想&アーユルヴェーダ料理をお楽しみいただきました。   【イベント概要】 1.日時: 7/30(日)12:00~14:00 2.場所: trias dining(トリアスダイニング) 東京都渋谷区桜丘町10-4モドマルシェ2F 3.イベントコンテンツ ・新製品発表 ・CBDバスソルト制作体験 ・食事×瞑想の『食瞑想』体験   【ゲストスピーカー】 米澤可奈子・お料理瞑想家 MINDFULNESS COOKING CLUB主宰 ナチュラルフードスタイリスト/日本瞑想協会認定コーチ/ファミリーモデル ”ココロとカラダと地球にやさしい暮らし”をモットーに衣食住ナチュラルでマインドフルなライフスタイルを送る3児のママ。 ウェルネスイベントの出演、ディレクションを担当。 小林静香・アーユルヴェーダ料理家 新卒で⺠放キー局に入社し、興行事業や番組企画に携わり、食養生への関心から料理の道へ転向。レストランでの勤務や出張料理の経験をつむ中で生じた自分自身の身体の不調を食事や生活で整えるよろこびを知り、食養生の源流であるアーユルヴェーダを学ぶ。世田谷にアーユルヴェーダ料理店「eatreat.ruci」営業中。   【お試しいただいたCBD商品】...

"CBDで舌下美人" EASECBDから新商品が登場

この度、株式会社CANNABEES(東京都港区:杉本知子社⻑)が展開するCBDブランドEASECBDシリーズより、EASECBDキャンディの新フレーバーを新発売しました。 このシリーズは、CBDを摂取する際に最も効率的と言われる舌下吸収しやすいCBD入りのキャンディです。 白砂糖は不使用で、夜寝る前に舐めても虫⻭になりにくいので、日々のナイトルーティーンにも加えやすくなっています。 キャンディ1粒にCBDを20mg配合。着色料不使用で、ヴィーガン仕様のEASECBDキャンディ。これまでハニーレモンの1フレーバー展開でしたが、さっぱりとしたライムミントが新フレーバーとして仲間入りしました。 人気インフルエンサー「Baby Kiy」プロデュース EASECBDシリーズの新製品をぜひお試しください! ▷ご購入は コチラ ▷EASECBDキャンディ ライムミントについて 1.身体と環境にやさしいEASECBDキャンディは厳選した原材料のみを使用。 ヴィーガンの方でもお召し上がりいただけます。 ×白砂糖 ×着色料 ×防腐剤 ×動物由来原料 パッケージにはエコ素材「*バイオマスフィルム」を使用。 ( *トウモロコシやサトウキビなどを原料として再生可能な有機素材 ) 2.気持ちを込めて、一粒一粒を丁寧に手作り 機械生産ではなく、ハンドメイドのこだわりキャンディ。徹底的な品質管理のもと、できるだけフレッシュな製品をお届けできるよう、大量生産は一切行っておりません。 食べたら笑顔になれるように、スマイルマークをあしらいました。 3.CBDの苦味を克服。ヘルシーに、美味しく CBD特有の苦味や雑味が出ないよう、独自のレシピを開発。オーガニックライム果汁、天然由来の糖質、ビタミンCを配合し、ジューシーでさっぱりしたフレーバーに CBD20mgを1粒にたっぷりと配合した贅沢なキャンディです。 ■お客様の声 「個人的に今まで使った商品の中で最も使い心地がよく、CBD特有のえぐみがなくて美味しいです!」「搾りたてのライムのようなジューシーさがあって美味しかった。」「CBD20mgも入っていて、すごくリラックスできました!」 ■オススメの方/シーン...

オピオイド 中毒?〜オピオイド危機から見たカンナビス〜

大麻とオピオイド中毒に関する記事 医療と政治の舞台で長らく続く大麻に関する論争。その焦点は、「大麻に正当な医療効果はあるのか?」というテーマに集約されます。アメリカでは大麻はスケジュールIに指定され、その医療的価値を巡る見解は分かれています。しかし近年各州では、大麻の臨床的有用性に関する研究が進行していて、その成果が現在の医療政策に影響を与えつつあります。特に大麻由来の医薬品の認可や、米国では200万人の患者がいて年間6万人が死亡しているオピオイド中毒との関連について、新たな展望が広がっています。   ※オピオイドとは、麻薬性鎮痛薬を指す用語で、痛み止めや咳止めとして使われる。鎮痛作用があるために米国では一般的に処方されるが、同時に陶酔作用があるため適切な管理と利用が必要。   大麻の複雑な地位とその可能性 アメリカ国内では、大麻の規制が連邦レベルで続いています。この指定は、大麻に潜在的な中毒性や乱用のリスクがあることに由来しますが、州ごとに異なる医療大麻政策が進展し、新たな医薬品が登場しています。特にエピディオレックスのような大麻由来の医薬品がFDA承認されたことは、大麻の医療的潜在能力への注目を高めました。この動きは、大麻がオピオイド中毒の治療法においても新たな道を切り拓く可能性を示しています。   専門家の視点からの示唆 ヤスミン・ハード博士は、マウントサイナイ中毒研究所の所長として、依存症の神経生物学に精通しています。ハード博士は、大麻が単なる娯楽用の物質ではなく、医薬品としての側面を持つと主張しています。特にCBD(カンナビジオール)が、オピオイド中毒者の治療において有望なアプローチである可能性を示唆しています。その一方で、大麻植物全体の使用には潜在的なリスクもあるため注意が必要です。ハード博士は、「再発を防ぐため」という目的を持ちつつ、大麻の使用の潜在的な恩恵を強調しています。   オピオイド中毒との関連 オピオイド中毒の治療において、大麻がどのような役割を果たせるのか。ハード博士によれば、オピオイドの断薬はとても難しいプロセスを伴うものの、その再発を防ぐためにCBDが有用であるかもしれないとの指摘があります。CBDは中毒の引き金を抑制し、オピオイドの使用を減少させる可能性があるとされています。しかしながら、CBDを含む大麻の医療的利用においても、他の衣料品と同様に適切な使用方法と管理が求められます。この点について、ハード博士はいまだに研究が進んでおらず、さらなる研究の重要性を強調しています。   THCの役割と今後の展望 THC(テトラヒドロカンナビノール)もまた、大麻由来の成分の中で注目を浴びています。THC自体は向精神作用があるため取り扱いに注意が必要ですが、適切な使用をすればオピオイドの必要量を減少させる可能性があるとの研究結果が示唆されています。これによって、オピオイド危機の軽減が見込まれるかもしれません。しかしながら、これに関する研究はまだ進行中であり、その具体的なメカニズムについてはさらなる解明が必要です。THCの医療的有効性に関する研究が進展することで、新たな治療法の可能性が広がることでしょう。   大麻の医療的有効性を確立するための課題と展望 大麻の医療的有効性を確立するためには、迅速で確実な研究が求められます。オピオイド中毒が蔓延している状況下、時間は重要な点です。迅速かつ正確な研究による科学的根拠に基づき、正しく適用されることで、大麻の医療的潜在能力を最大限に活かすことができるでしょう。また、連邦政府の研究柔軟性向上や、医療専門家と政治家の協力によって、大麻の医療的利用がより合理的な枠組みで進展する可能性もあります。     大麻とオピオイド中毒、そしてそれぞれの治療法に関する研究は、今後も進展し続けるでしょう。適切な情報提供と教育を通じて、大麻の医療的な可能性とリスクを理解し、その利用を検討することが重要です。科学的なアプローチに基づく研究と議論が、今後の医療政策の形成に大きな影響を与えることでしょう。医療と政治の分野での協力によって、大麻が安全かつ効果的な治療法として位置づけられる未来が展望されます。     ※今回の内容は、こちらの記事を翻訳し、要約したものです https://goop.com/wellness/health/cannabis-in-light-of-the-opioid-crisis/

「マインドフルネス」の効果って? ヨガや瞑想についても解説

マインドフルネスと健康 マインドフルネスは、近年注目されている心身の健康法の1つであり、瞑想やヨガなどの練習を通じて、ストレスや不安の軽減、集中力や創造性の向上、身体の健康へのプラスの影響があるとされています。今回の記事では、瞑想やヨガを中心にマインドフルネスがもたらす健康効果について紹介していきます! マインドフルネスとは? マインドフルネスとは、今この瞬間に集中し、自分の感覚・感情・思考に注意を向けることを指す言葉です。つまり、自分が現在行っていることに完全に集中し、周りの出来事に気を散らされずに、自分の内面に注意を向けるということなんです。 マインドフルネスの例によくあげられるのが、瞑想やヨガです。これらの実践によって、マインドフルネスを促進することができると言われています。 ストレス・不安の軽減 瞑想やヨガには、ストレス・不安を軽減する効果が期待されています。瞑想によって心を静めることで、心身の緊張が緩和され、ストレスや不安を和らげることができます。 ヨガについても、ストレス・不安に対する効果が報告されています。ある研究では、ヨガの練習によって、ストレス反応を引き起こす交感神経の活動が減少し、リラックスした状態を維持できるようになることが明らかになりました。 集中力・創造性の向上 瞑想やヨガは、集中力や創造性を向上させる効果があるとされています。瞑想によって心を静めることで、頭の中がスッキリとし、集中力が高まるとされています。 ヨガにおいても、研究が進められています。ある研究では、ヨガを行うことで作業上のストレスが減少し、生産性が向上したと報告されています。また、ヨガによって右脳と左脳のバランスが整い、創造性が高まることも示されています。 免疫力の向上 マインドフルネスを取り入れた瞑想やヨガは、免疫力の向上にも効果があるとされています。瞑想を行うことで、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が減少し、免疫力が向上するという報告があるんです。 ヨガについても、免疫力の向上について研究が進められています。ある研究では、ヨガを行うことで免疫力が向上し、感染症にかかるリスクが低下することが示されました。 睡眠の質の向上 瞑想やヨガによって、睡眠の質を向上させる効果が期待されています。瞑想によって心を静めることで、睡眠の質が向上するという報告があります。また、瞑想による脳波の変化は睡眠にも影響を与え、より深い睡眠に入ることができるという報告もあります。 ヨガにおいては、ヨガを行うことで睡眠の深さが向上し、覚醒率が低下することが示されています。また、自律神経のバランスが整い、睡眠の質を向上させることができるとされています。 以上のように、瞑想やヨガをはじめとするマインドフルネスの効果は、ストレス・不安の軽減、集中力・創造性の向上、免疫力の向上、睡眠の質の向上など、多岐にわたります。これらの効果を日常生活に取り入れることで、健康や生産性の向上につながり、日々の生活がより豊かになることが期待されています。 また、これらの効果は、年齢や性別、健康状態などに関係なく、誰でも実感できる可能性があります。そして瞑想やヨガは、比較的簡単に取り入れることができるため、ストレスや不安を感じる場面や、集中力を必要とする業務の前など、日常生活の中で簡単に実践することができます。 ぜひみなさんも、気軽にマインドフルネスを取り入れてみてはいかがでしょうか?

Cart

Congratulations! Your order qualified free shipping You are ¥1 JPY away from free shipping.
No more products available