This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari or Forefox.

Blog

CBDグミには効果がない?CBDの正しい摂取の仕方とお勧めキャンディ

今美容・健康成分として話題のCBDですが、皆さんは正しい摂取の仕方をご存知ですか?? CBDの摂取方法には様々な方法があり、それに応じた商品が多く発売されていますが、ものによっては吸収効率が下がってしまい効果を最大限発揮できないものもあるんです。 ということで今回の記事では、CBDの摂取方法と適切な商品について、特に日常で簡単に摂取できるグミとキャンディの効果の違いについて詳しく説明します。 この記事でわかること CBDの代表的な摂取方法2つ 経口摂取 舌下摂取 皮膚摂取 CBDグミとキャンディについて それぞれのメリットデメリット CBDの代表的な摂取方法3つ CBDを摂取する方法は様々で、それぞれのライフスタイルや好みによっても変わります。今回は、経口摂取、舌下摂取、皮膚摂取の3つを紹介していきます。   経口摂取 経口摂取は口から食べる方法でCBDを摂取する方法です。この摂取方法は、CBDno吸収率が10%程度とされており、摂取効果が弱めです。   舌下摂取 CBDの成分を直接口に含み、そこから摂取していくことを指します。数あるCBD摂取方法の中でも吸収効率がよく、効果が出るのも比較的早いことが特徴です。 最も代表的なのはCBDオイルを舌の下側に垂らすことですが、これは他の人の目を気にしてしまったり、意識的に摂取しないと日常に取り込みづらいなど、少し抵抗感がある人も多いのではないでしょうか。しかし舌下摂取の方法はそれだけではなく、CBDを含んだグミやキャンディを食べることも、この摂取方法に含まれています。 皮膚摂取 この方法は、CBDを含むもの(ボディクリームやロールオンなど)を皮膚に塗ったり、CBDを含むバスアロマを湯船に垂らすことで実現できます。こうした方法をとることで、日常生活で負担なくCBDを取り入れられるのが魅力です。 一方で、舌下摂取に加えて吸収効率が劣ったり、効果が出るまで少し時間がかかるというデメリットもあります。     CBDグミとキャンディについて 先ほども述べたようにCBDグミやキャンディは、CBDを楽しみながら、そして吸収効率よく摂取できる方法です。また、こうした製品は持ち運びが簡単なため、外出先や仕事中、旅行中にも便利です。 CBDグミは、CBD成分を含んだグミのことを指しています。これまで、CBDの製品は「飲むタイプ」や「吸引タイプ」が主流でした。しかし、最近では「食べるタイプ」の商品が増えており注目されています。 一般的に、グミはキャンディと同様に美味しく簡単に摂取できる方法として知られていますが、効果や健康への影響でいくつか違いがあります。 まずグミのメリットとしては、しっかり噛むことで満腹感を得られるためにおやつとしても適していることが挙げられます。しかし、グミには砂糖や人工着色料が含まれることがあるため、健康意識の高い方には不向きなことが多いです。また、グミはその性質上噛んでそのまま胃に運ばれてしまうため、舌下でCBDが吸収されず、本来含まれているCBDの効果を実感できないことがあります。 一方でキャンディであれば、噛むことによる多少の満腹感こそないものの、舐めるという摂取方法上、しっかりとCBDを吸収することができます。また、噛み砕いてしまわない限りは1粒を味わい楽しめる時間が長いため、作業中や移動中のお供にも最適です。...

CBDオイルは何に効く?CBDの効果と摂取方法について

皆さんはCBDオイルって使ったことありますか?? CBDは近年注目されている美容・健康に役立つ成分で、CBDそのものを食事に取り込んだり、バスアロマにしたりと様々な摂取方法があります。 その中でも、簡単で日常生活に取り込みやすく最近話題なのが、CBDオイルです。 今回の記事では、そんなCBDオイルの効果と理想的な摂取方法について詳しく探ってみましょう!

簡単なのに効果アリ!おすすめ宅トレグッズ

自宅でできるトレーニング、宅トレです!自宅での運動は天気に左右されないだけでなく、簡単にできるため忙しい女性にとって非常に便利で、時間やお金を節約することもできます。 今回の記事では、自宅での運動を始める女性に向けたおすすめのグッズについて紹介します。

MCTオイルとは?どんな効果があるのか?

皆さんはMCTオイルのことを知っていますか?なんとなく聞いたことがある、みたことがあるという方もいるかもしれません。今回はMCTオイルについてご紹介させていただきます。ココナッツオイルやパームオイルなど、ヤシ科の植物由来の油に含まれる成分「中鎖脂肪酸」からできています。MCTとは「Medium Chain Triglyceride」の略称で、日本語では中鎖脂肪酸という意味です。一般的な植物油に含まれている「脂肪酸」は分子の鎖が長い「長鎖脂肪酸」です。しかし、中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸の半分の長さをしています。体内で分解される時間が長鎖脂肪酸の約4倍も速いため、脂肪として蓄積がされにくいのが特徴です。 MCTオイルとは? MCTオイルの効果は? 脂肪燃焼を促進 記憶力・集中力向上 MCTオイルのおすすめの摂取方法は? MCTオイルの注意点

新商品CBDオイル発売・予約告知

いつもご愛顧頂き誠にありがとうございます。 EASECBDから新商品としてCBDオイルを11/1に発売させていただきます。 それに伴い、現在購入の事前予約を楽天市場で開始しております。 皆様のご予約お待ちしております。 ■POINT どこでも使いやすくシーン問わずに使えるCBDオイル 1.機能性に優れたスプレータイプ 2.誰でもどこでも使えるデザイン 3.今までにはない新感覚の食べるCBDオイル

季節の変わり目のメンタル不調「季節性うつ」

暑い夏が終わり、涼しくなって過ごしやすい日も増えたのではないでしょうか? 夏から秋に変わっている季節の変わり目は、気温、気圧や日照時間などの変化が大きく、自律神経が乱れて体調を崩してしまったり、気分が落ち込んでしまうことがあります。 皆さんは季節の変わり目で気分が落ち込んでしまった経験はありますか? 季節性うつとは? 季節の変わり目で気分が晴れない、落ち込んでしまうことを季節性うつと呼ばれています。また、季節性うつは季節性感情障害(SAD)とも呼ばれています。 症状としては下記などが挙げられます。   症状 マイナス思考になってしまうことが増えた 休んでも疲れが取れない 集中して仕事や勉強ができなくなった 過食してしまい体重が増加した たくさん寝ても、日中眠気を感じる 季節性うつ病は誰でも発症する可能性があります。症状を正しく理解して対処していくことが大切です。 予防・対処法 ・日光を浴びる ・生活リズムを乱さない ・栄養バランスの取れた食事 ・適度な運動 秋は日照時間が短くなるため、体内のセロトニンの分泌が減少する傾向にあります。セロトニンが減少するとメンタルが不安定になってしまったり、自律神経のバランスが乱れる、集中力が低下するなどの影響を与えます。そのため、意識的に日光を浴びることが大切です。朝に日光を浴びると、体内時計をリセットする効果があると言われているため、朝起きたらカーテンを開けると良いでしょう。 夜更かしが習慣化されてしまうと夜型の生活リズムになってしまいます。そうすると日照時間が短くなる秋だと、日光を浴びる時間が短くなってしまうため十分な日光を浴びることができなくなってしまいます。そのため、生活リズムを乱さないようにすることを意識しましょう。 トリプトファンという必須アミノ酸や、ビタミンB6、マグネシウム、ナイアシンを含む食品がセロトニン生成には関わっていると言われています。 しかし、心身の健康のためにはバランスの良い食事が基本となるため、栄養バランスの取れた食事をすることが大切です。 ウォーキング、ランニング、サイクリングなど適度な運動をすることにより、セロトニンを増やすことができます。 季節の変わり目で気分が落ち込んでいる方、最近眠れない方は、一度上記の予防法を実践してみてはいかがでしょうか。 いつもと違うことをすると気分転換にもなっていいですよね。 涼しくなった秋だと運動もチャレンジしやすいのではないでしょうか。 食欲の秋、美味しいものを食べて運動して健康的な生活を送りましょう。    ...

Cart

Congratulations! Your order qualified free shipping You are ¥1 JPY away from free shipping.
No more products available