This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari or Forefox.

CBD 生理痛?カンナビスはPMSに効果的なのか??

PMSとCBD
CBDと生理

PMS(月経前症候群)は、多くの女性が月経周期の数日前から経験する身体的な不快感と心理的な症状の総称です。具体的な症状には生理痛、けいれん、イライラ、不安などが含まれ、個人差が大きく、日常生活に支障をきたすほど重度な症状を抱える女性もいます。

今、これを読んでいる方の中にもこうした症状に悩まされる方がいるのではないでしょうか。

今回のブログでは、このPMSに対してCBDがどのような効果をもたらすのかについて解説します。

エンドカンナビノイドシステムと大麻

大麻の効果について理解する上で重要になるが「エンドカンナビノイドシステム」です。これは私たちの体内に備わっている生理学的システムで、ストレスや炎症などの身体的なバランスを調整する役割を果たしています。エンドカンナビノイドシステムは、カンナビノイド受容体とエンドカンナビノイドという化学物質から成り立っています。

ストレスと炎症は表裏一体の関係にあり、その両方に対処する鍵は、体内のカンナビノイド受容体とカンナビノイド分子からなるエンドカンナビノイドシステムと呼ばれるシステムにあります。

大麻草と体内の自然発生カンナビノイドは、ストレスの影響に対抗し、回復力を高める効果があります。カンナビノイドに抗炎症作用があるだけではなく、エンドカンナビノイド系全体に抗炎症システムがあるといえます。

こうしたことから、CBDを摂取することでエンドカンナビノイドシステムが活性化され、様々な効果が生まれることが知られています。

大麻とPMSの関係

ジュリー・ホランド博士によれば、大麻は女性特有のホルモンや感情の問題に対して効果的な治療法としての可能性があります。そもそも一般的に、女性は男性よりもうつ病や不安神経症と診断されることが多く、抗うつ剤を処方されることも多いのですが、CBDは、抗うつ剤を服用している女性(および服用していない女性)が経験する多くの症状(イライラ、不眠、うつ、不安など)を改善できる可能性があるんです。

大麻に含まれる主要成分の一つであるCBDは、不安やイライラなどの心理的な症状を和らげるとされています。また、大麻の抗炎症作用により、生理痛やけいれんの緩和にも寄与すると考えられています。

また、異常に激しい痙攣に悩む女性や子宮内膜症と診断された方にも、カンナビスは有効です。これを証明する二重盲検試験はありませんが、大麻を使用して重度のけいれんを治療する人々の報告がたくさんあります。けいれんがひどいと吐き気を催す女性もいますが、明らかにCBDは吐き気を抑えるという長期間にわたる実績があります。

適切な摂取方法

PMS症状を緩和するためには、CBDの適切な摂取方法を理解することが重要です。オイル状のものを皮膚に塗ったり、経口で摂取したりする方法がありますが、特にPMSの症状に対しては、膣座薬や骨盤内に塗るローションが効果的とされています。さらに、摂取する際には投与量の調節に注意し、効果を十分に感じるまでに時間がかかることも考慮すべきポイントです。

CBDが手に入らない場合の代替方法

CBDが手に入らない時や切らしてしまった際には、PMSの症状を緩和するための代替方法があります。食事に含まれるセロトニンの構成要素であるトリプトファンを多く含む食品を摂取することや、カルシウムやマグネシウム、カフェインを効果的に利用することで、PMSの症状を和らげることができるとされています。

いかがでしたか??

今回はCBDの摂取とPMS症状の緩和についてまとめてみました。このほかにもCBDの美容効果、健康効果についてもまとめているので他のブログも見てみてください!

正しい効果と使い方を知って、自分を大切にした快適で充実した日々にしましょう!

※今回の内容は、こちらの記事を翻訳し、要約したものです。

https://goop.com/wellness/sexual-health/can-cannabis-help-with-pms/

Cart

Congratulations! Your order qualified free shipping You are ¥1 JPY away from free shipping.
No more products available